全国のプロ整体師が学ぶ整体技術の総本山「特別な整体術」

ご予約はこちら

けある整体院 西田久彦先生からの推薦

      2016/04/06

熊谷先生の第一印象は、まさに「ゴッドハンド」です。

解剖学における知識はもとより手技のスキル等、神の手です。
また施術家という側面と経営者としての意識も明確に確立されており、教えて頂ける事はたくさんあります。
街に出られても、他業種の看板等を観察され参考になる、面白いと感じられた事をIGに投稿して頂いたりその探究心は見習う事ばかりです。
まだまだ自身の意識、努力が足りない事を痛切に感じております。

どうやったら熊谷先生のようになれるのか?
解剖学をもっと勉強して手技を磨かねば!と思いました・・・・が

決定的な違いに気付きました!!

『検査力』です。
検査の重要性は理解しているつもりでしたが、ただ単に検査しているに過ぎませんでした。
股関節が硬い・可動域に左右差がある等、見かけの検査になっている!

熊谷先生は、検査中に仮説を立てられてその仮説が正しいのか更に検査を重ねられて効率のいい的確な施術プランを立ててみえるのだと感じました。
おそらく、熊谷先生の中では「検査」で施術の8~9割は終了しているのでないでしょうか?
施術中は、仮説の検証を行い、違えばそこにこだわるのではなく更に仮説を立て検証するという繰り返し最短で効果を出されていると思います。

慰安目的ではないので、患部に対して直接手技を行う事はありませんが、私は迷走してしまうと、「迷ったら足先、指先から」と自分の中でパターン化されたものがありますが、仮説を立てて行っているのではありませんでした。
問診や手技も大切ですが、検査→仮説→検証をもっとしっかり行わないといけないと気づけた事は、大きな発見です!

治すのは、患者様自身。施術家は治りやすい状態を作る事。という事を肝に銘じて今後につなげていきたいと思います。

 - プロからの推薦の声